薄毛になる要因とは

年齢を重ねていくうちにだんだんと薄くなっていく毛髪。

薄毛になると見た目にかなり印象が違ってくるので、できれば避けたいことです。

以前、薄毛というと男性に多い悩みだったのですが、最近は女性も薄毛に悩む方が多くなっています。

薄毛になるのはなぜなのでしょう。

薄毛には様々な理由がありますが、まず遺伝的要素があります。

お父さんが薄いという事になると息子さんも薄くなる可能性がありますし、お父さんは薄くなくてもおじいちゃんが薄かったことで息子さんに遺伝する、いわゆる隔世遺伝的な部分も見られます。

遺伝的要素以外の理由としては、生活習慣が挙げられます。

脂質の多い食事をしていると、頭皮から分泌される皮脂が多くなります。

皮脂分泌が盛んになり、毛穴を塞いでしまったり、きれいに除去できず汚れとなって残ってしまう事で、頭皮の健康状態が悪くなるという事も薄毛の原因となります。

また男性も女性も、ストレスが起因となっているという事もあります。

ストレスを継続的に受けると、自律神経が乱れます。

自律神経が乱れるとホルモンバランスを乱してしまい、薄毛になります。

髪の毛は女性ホルモンの働きが大きく関係しているため、男性ホルモンが優位となってしまうと薄毛が促進されます。

こうした様々な理由から起こる薄毛は、それぞれ原因によって対応していく必要があります。

特に、男性型脱毛症「AGA」の場合、専門医で治療を受けることで現状維持、改善が見込めますので相談してみるといいでしょう。

■情報サイト・・・薄毛の詳細お伝えします!